カレーまでも! FOODEX JAPAN2018で見つけた「ピンクの食品」3選

『FOODEX JAPAN2018』で見つけたピンク色の食品たち。ピンク色のカレーって、どんな味がするの?

グルメ

2018/03/08 08:30

フーデックスブース1

3月6日にスタートした、アジア最大級の食品・飲料専門の展示会『FOODEX JAPAN2018』。今年で43回目を迎え、3月9日まで幕張メッセで開催される。

イベントに出展している商品には、日本のスーパーやネットで手に入る物も。その中から、10name取材班が会場で見つけた、思わず目を引く「ピンクの食品」を3つ紹介しよう。


 

①華貴婦人のピンク華麗(カレー)

フーデックスブース2

まず目に止まったのは、華やかなドレスが素敵な『華貴婦人のピンク華麗』。貴婦人たちが描かれたパッケージが印象的だ。

ピンク華麗

しかし…ピンクのカレー、味の想像が全くつかない。

ピンク華麗2

「おいしいから食べてみて」と差し出されたカレーは、本当に鮮やかなピンク色。パッケージ写真、嘘じゃない。

スイーツのように甘いのか? それとも激辛? など、いろいろ想像しつつ食べてみると…意外にもかなり本格的! 深いコクがあり、スパイスも効いている。

このピンクの正体は、鳥取で収穫された「赤ビーツ」。地元食材を使った、こだわりカレーなのだ。


 

②春を感じる『さくらゼリー』

さくらゼリー1

春の訪れを感じさせる、見た目にも華やかなこの商品は、秋田県にある老舗菓子舗・榮太楼の『さくらゼリー』。職人が、桜の花を一輪一輪丁寧に仕込んだ逸品だ。

さくらゼリー2

とても柔らかいゼリーなので、少し深めのスプーンがオススメ。甘さ控えめで、口の中に桜の香りが広がっていくのが心地いい。

春季限定商品なので、お花見をしながら食べるのもぴったりだ。


③外も中もピンク一色「とちおとめまん」

とちおとめまん1

こちらの「とちおとめまん」は、いちご王国・栃木県の「とちおとめ」を使ったもの。半分に割っても、ピンク一色。

とちおとめまん2

皮はふんわりと柔らかく、中にはクリームがたっぷり。クリームはもちろん、皮にも果汁を使用しているので、どこを食べても「とちおとめ」がしっかりと感じられる。甘すぎず、いちごらしい酸味でさっぱり食べられてしまう。

ピンク色…インパクト勝負かな? と思ってしまうが、どれも本格的な味わい。全てネットで買えるので、気になった人は試してみては。

・合わせて読みたい→「男性の目線が違う…」 尼崎インター・ガンバレルーヤが「かわいく」変身

(取材・文/10name編集部・鎌田 真悠子

この記事の画像(8枚)

あなたにオススメ

ford.niko.ua

http://pillsbank.net

одноразовая посуда киев