あやまん「食事はいいから結婚して」 バカリズムに真剣プロポーズも「公開セクハラ」か

『行列のできる法律相談所』であやまんJAPAN・あやまん監督がバカリズムに真剣プロポーズ!

232

下ネタ溢れる宴会芸と飲み会ノリで世間をざわつかせたあやまんJAPAN・あやまん監督(38)が、8日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演。

バカリズム(42)に熱烈な求愛を続け「おびえられている」あやまんに、視聴者からも賛否が起こっている。

あやまんJAPAN
(画像はのスクリーンショット)

 

■「またまた」と迫るあやまん

友人との食事会であやまんの話題になり、「(知り合いなので)みんなでご飯に行きましょう」と誘われたバカリズム。その場では「いいですね」と答えてしまい、あやまんから直接連絡がくるようになる。

「2人でいるところを週刊誌に撮られたら困る」、と悩むバカリズムだが、翌日から「大好きです」「早く会いたいです」、と2日に1度のペースで2人きりでの食事に誘われることに。

意を決したバカリズムは、「2人で会うのは止めよう。みんなで会おう」「行きたくありません」と断りを入れたものの、「またまた」と取り合わないあやまん。

「興味がない」「ご飯すら行きたくない」と告げても、「またまた」と迫ってくるあやまんに恐怖を感じていると明かされた。


 

■公開プロポーズ

スタジオに登場したあやまんは、「やっと会えましたね」と満面の笑顔。さらに、「その気にさせたのはバカリズムさん」とバカリズムの主張に反論する。

「結婚するなら面白くしたい」バカリズムが、「(知人と)『面白い結婚するならあやまんじゃない?』っていう話になった」と熱弁するが、「こういう面白さじゃない」と否定。

それでもあやまんは一歩も引かず、「歳も歳なんで、もうご飯とか行ってる場合じゃない」と婚姻届けを出し結婚を申し込む。

即「お断りします」と頭を下げるバカリズム。その後も何度も結婚を申し込むが、バカリズムは断固として首を縦に振らなかった。

次ページ
■宴会芸がヤバい

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ

232
www.profvest.com

http://www.profvest.com

pillsbank.net