女優・遊井亮子がヤバすぎる恋愛観を熱弁 「1時間以内に帰ってほしい」

『アウトデラックス』に出演した女優・遊井亮子が、マツコ・デラックスや高橋ひとみが共感する意外な恋愛観を明かした…

70
遊井亮子、アウトデラックス
(画像はのスクリーンショット)

『白線流し』『コードブルー』など数々の名作ドラマに出演、名バイプレーヤーとして高い評価を受ける女優・遊井亮子(42)が、14日放送『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に登場。拗らせた「独特の恋愛観」を熱弁し話題を集めている。


 

■彼氏に「すぐ帰ってほしい」

「彼氏が玄関を開けた瞬間に『この人、どれくらいで帰ってくれるんだろう』って思う」と遊井は語る。「基本的には夕食を済ませれば帰ってほしい。マックスでも5時間が限界。1時間以内で帰ってもらえると嬉しい」と本音を漏らした。

この遊井に「私も19年ぐらい付き合ってないけど、めんどくさいのがイヤになった」とマツコ・デラックスも理解を示す。どんな時でも「彼氏と一緒にいたくない」遊井は、続けて面倒くさい場合の対処法を明かしていく。


 

■遊井の対処法

5時間経っても帰ってくれない場合は「ピリピリした空気を出しながら台本を見始める」遊井。これに高橋ひとみも「女優として台本は必ずやります」と賛同、マツコも「人の家に5時間もいるって図々しい」と遊井に共感を寄せる。

家に泊まりに来た場合、寝たらいないのも一緒なので「酔わせて寝さす」。次の日、朝が早いのに会おうとする彼氏には「居留守を使う」、それでも家に来ようとすれば「実家に帰る」と対処法は完璧。彼氏とできるだけ時間を共有しないスタイルを熱弁した。

次ページ
■マツコのアドバイス

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ

70