ダレノガレ明美、炎上に「感情的になりすぎ」と反撃 一方で「SNS向いてない」と批判も

ダレノガレ明美が炎上に対して「感情的になりすぎ」と反論。しかし反論もまた炎上してしまう

エンタメ

2019/05/15 08:30

27

ダレノガレ明美

14日、モデル・タレントのダレノガレ明美が、「整形したように見える友人に対して整形したか尋ねるかどうか」といったツイートを投稿。多くのコメントがついて炎上したが、それに対して「反撃」を投稿したことが話題となっている。


 

■「整形したか」を尋ねる?

炎上の元になったのは、久しぶりに会った相手の顔が記憶と違うように感じたとき、「整形をしたかどうかを聞かないほうがいいのか」という趣旨のツイートだ。

後の投稿で、顔が違うという言葉の意味が体形の変化ではなく、整形したという意味であることが言及されている。

久しぶりに会った人が
顔が全然ちがくなっていて
わぁーってなったけど、言わない方がいいんだよね?聞かない方がいいんだよね?笑

— ダレノガレ明美 (@The_Darenogare)


 

■「感情的になりすぎ」

この投稿には、批判的なコメントが殺到。それに対してダレノガレは、「みんなマイナスに考えすぎじゃない?」「感情的になりすぎ」といった内容を新たに投稿。

「疑問も聞けない世の中になっているよね」とも述べており、「批判される意味が分からない」といった様子だ。

なんかさーみんなマイナスに考えすぎじゃない?
友達が顔が全然違かったら言う?
聞く?
とか質問しただけなのに
感情的になりすぎ!
人によっては言う人もいるし
いわない人もいるから聞いただけじゃん!
どちらが正解なのかしりたかったから!
それに対してひどい!とか死ねとか
意味がわからない!

— ダレノガレ明美 (@The_Darenogare)

次ページ
■「炎上した意味が分かっていない」

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ

27