緒方咲がセクシーメイドに変身 「ハイレグは私のための水着」と美脚アピール

ドMなシーンがお気に入り? 監督から「Mっぽい」と評されるも実際は…。

86

緒方咲

168センチの高身長に股下85センチという「グラドル摩天楼」の異名を取る緒方咲ちゃんが、新作イメージDVD&ブルーレイ『ご主人様とメイドさん』(竹書房)を発売。

東京・秋葉原で行われた発売記念イベントを、10name編集部も取材に訪れた。


 

■多様なメイド服姿に注目

緒方咲

5作目となる今作は、2月に都内で撮影されたもの。

この日は自慢の美脚がさらに長く見える超ハイレグ水着で登場した咲ちゃん。「タイトルの通りご主人様とメイドさんの物語になってます。メイドさん役を演じるのは今回が初めてで、メイド服も4着くらい着てます」とメイド服山盛りの本編について語った。


 

■ドM全開シーンがお気に入り

緒方咲

そんな本作の見どころシーンを尋ねると「全部セクシーなんですけど、その中でもこれはすごいなって思ったのが、牢屋で縛られちゃうところ。私が粗相をしてしまって、ご主人様におしおきされているシーンなんですけど、『もうダメですご主人様』ってずっと叫んでいます(笑)」とコメント。

「監督にも言われるんですけど、私はよくMっぽいって言われますね。今回はまさにドMな感じでやらせてもらったんですけど、もし次回作で出来るなら、逆転してSになってみたいなぁって思います。ファンの方にも『次はSで!』なんて言われるんですけど、Mも好評なので、どっちもいけたらいいなぁ」と語った。

次ページ
■お気に入りの衣装を缶バッジに?

この記事の画像(8枚)

あなたにオススメ

86