高橋真麻、夫に暴力を振るうDV妻に持論 「妻が怒るときって…」

『スッキリ』増加する「DV妻」の実態を特集。夫からの一言に激怒し、暴力に走ってしまうケースも…。

エンタメ

2019/06/11 17:00

36

高橋真麻

「DVは男性からの暴力」と認識している人は少なくないが、一方で女性からの暴力に悩む男性も増えているという。

夫に対してDVをする妻について、10日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で特集され、反響が相次いでいる。


 

■不妊治療をする妻に夫が「金の無駄」

番組では、増加するDV妻の実態を放送。育児休暇中の33歳妻と家事にあまり参加しない34歳夫のケースでは、1歳になる娘が離乳食をこぼした際に夫から「早く片付けてあげて。テーブルぐちゃぐちゃで食べられないでちゅね〜!」と言われて激怒。「あなたが片付けてよ!」と暴力に発展してしまったという。

また、不妊治療をしていた妻(当時40)は、不妊治療を始めて2年経って落ち込んでいたときに夫から「もうお金の無駄なんじゃないの?」と言われてしまい、自分の気持ちに寄り添ってくれない夫に暴力を振るってしまう。

その後も不妊治療は続き、言い争いも増えて暴力もエスカレート。妻のDVが原因で離婚という結末を迎えた。


 

■夫の反応に怒ってしまう?

これらのエピソードに、フリーアナウンサーの高橋真麻は「妻が怒るときって、旦那さんが自分が思ってたとおりの言動をしてくれないとき、自分が求めてるリアクションをしてくれないときに怒ってる」と主張。

先ほどの2つのケースについても「直してほしいのに『直して』って言われたことにムカつくとか、不妊治療がうまくいかなかったときに『頑張ろうね』って言ってほしいのにそう言ってくれない」といった場合に怒りに発展すると推測する。

そして、「もうちょっと冷静に、歩み寄る努力をするっていうのをまず最初にしといたほうがいい。私自身も『なんでそういうこと言ってくれないの!?』『どうして楽しそうにしてくれないの!』」ということで怒っちゃったりする」とし、「(夫と)めちゃくちゃ喧嘩したときにムカつきすぎて枕をボフボフ(殴る)ってやったことはあります」と自身の経験をふまえて語った。

次ページ
■ネット上の反応は…

あなたにオススメ

36