KAT-TUN・中丸のファン悲鳴 少年隊・植草が知っている後輩を確認した結果…

少年隊の植草克秀が『TOKIOカケル』に出演。ジャニーズの後輩をどこまで知っているかを確認した結果…。

ジャニーズ事務所

少年隊の植草克秀が、12日放送のバラエティー番組『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演。

ジャニーズの後輩をどこまで知っているか確認した結果に、KAT-TUNの中丸雄一ファンから悲しみの声があがっている。


 

■どこまで後輩を知っているか

1979年、14歳のときに事務所に入った植草。約40年間、後輩が事務所に入ってくるのを見ていることになる。そこで話題は、植草がどこまで後輩のことを知っているかについて展開していく。

ジャニーズ所属タレントの顔写真が入所順に並べられたパネルを見ながら、長瀬智也が近年デビューしたグループ辺りを指すと、植草は「ごめん」と笑顔で謝罪。続いて、中堅どころを確認する。


 

■中丸の写真を見て…

まず最初に問題にされたKAT-TUNの亀梨和也は即答で正解。しかし、国分太一が「同じくKAT-TUN」とヒントを出しながら、中丸の写真を見せると、植草は少しの間沈黙する。

そして首を少しかしげながら、「安田くん」と答え、TOKIOのメンバーを笑わせた。

「安田」という名前が出たので、KAT―TUNと世代も近い関ジャニ∞のメンバーを確認する。

すると、錦戸亮、安田章大と連続で正解したのだが、植草は「急に言われても分かんないよ、YOUたち」と、それ以上問題が出されるのを制止していた。

次ページ
■ネットでは中丸ファンから悲しみの声

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ