『イッテQ』イモト、自分が踊る姿を見て「悔しかった」 その理由に称賛の声

今年1月に33歳になったイモトが、体の変化を痛感していることを告白。「珍獣ハンター」であり続けるために、彼女が取った行動に称賛の声が相次いでいる

エンタメ

2019/07/08 05:15

シェア ツイート 送る アプリで読む

イモトアヤコ

7日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)にて、お笑いタレントのイモトアヤコが、自身の体の変化を感じた出来事について明かした。

「珍獣ハンター」のパフォーマンスを維持するため、彼女が陰ながら努力していることに、視聴者から称賛の声が上がっている。


 

■体がなまっていることを痛感

イタリアにて、ゾウとのサーカス芸に挑戦することになったイモト。パフォーマンスには筋力が求められることを知ると、「私も鍛えているから」とつぶやく。

「ここ最近というか、数年か。体がやっぱなまりはじめてきた」と切り出し、「この間フィリピンでバンブーダンスをやったんですよ。スタジオでVTRを見たときに、体がめちゃくちゃ重そうだったんです」と、体の変化を痛感していると明かした。


関連記事:『イッテQ』手越祐也のパスポート写真に騒然 「大丈夫なの?」

 

■珍獣ハンターであり続けるために…

「そういうナレーションもついてたし、それが凄く悔しかったの」と話し、そのことがきっかけでパーソナルトレーナーを付け、「ガッツリ鍛えて今1ヶ月くらい」なのだそう。

「珍獣ハンターすげえな、やっぱキレあるなってところを、今の小学生に見せたいわけよ」と語り、トレーニング中の写真が紹介されると「アスリートじゃん」など、スタジオからも感嘆の声があがった。

次ページ
■イモトは「アスリート」女性たちから厚い支持

あなたにオススメ

シェア ツイート 送る アプリで読む