選挙に毎回行く人はわずか4割弱… 行かない人の言い分とは

選挙権がある人は、選挙に行くべきである。しかしながら現実は、選挙に行かない人もたくさんいるものだ。

社会

2019/07/10 11:00

選挙
(imacoconut/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

選挙権を持っているにもかかわらず、選挙に行かない人がたくさんいる。大切な1票なのに、自分の意思を示さないのはもったいないことだ。


 

■「選挙には毎回行く」約4割

10name編集部では全国10〜60代の男女1,721名を対象に、「選挙について」の調査を実施。

選挙には欠かさす行っているグラフ

「選挙には欠かさず行っている」と答えた人は、全体で37.4%しかいなかったのだ。


 

■若い人ほど選挙に行かず

性年代別では、すべての年代で女性よりも男性の割合が高くなっている。

選挙には欠かさす行っている性年代別グラフ

やはり年代が低くなるほど、割合が減るのも印象的だ。

「そこまで政治のことがわからないから、他の予定とか入っているとそちらを優先してしまう。私一人が投票したところで、影響があるとも思えないし」(20代・女性)


「誰に入れていいかさっぱりわからないから、僕が選挙に行っても意味がないと思う。休みの日だから、投票所まで行くのも面倒」(20代・男性)

次ページ
■選挙は大人の大切な役割

この記事の画像(3枚)

あなたにオススメ