アメリカ人が初めて『日本の桃』を食べたら… あまりのウマさに無言に

テキサス人も感動の味! 山梨県の桃農家カフェ

シェア ツイート 送る アプリで読む

日本のウマい物を食べ尽くしに来日していた、テキサス出身のアメリカ人・ジョナサン。

彼はとんかつや居酒屋メニューなど、さまざまな日本の美味しいものを食べ続けてきたが、次に食べたいとオーダーしてきたのは果物。


 

■山梨県の桃カフェへ

8月に旬の果物はいっぱいあるが、ジョナサンはテキサスの桃の果樹園で誕生したらしく、日本の桃を食べてみたいという。

そこで向かったのが、山梨県山梨市にある桃農家が経営するカフェ『ラぺスカ』。ここでは桃を使ったスイーツからビールまで、さまざまな桃グルメを堪能することができる。


関連記事:美味しさに感動 アメリカ人が初めて「手で握ったおにぎり」を食べた結果

 

■桃まるごと1個使ったパフェ

最初に注文したのは、桃をまるごと1個以上使ったパフェ『ピーチジュエル』(1,150円)。インパクト満点の見た目だ。

しかし、ジョナサンはやや顔が引きつっている。テキサスの桃はそのまま食べることはあまりないらしく、ケーキやタルトの材料にすることが多いのだとか。さらに皮つきなので、テキサス人的にはあまり美味しそうなビジュアルではないらしい。

次ページ
■あまりのウマさに無言に

この記事の画像(10枚)


あなたにオススメ

シェア ツイート 送る アプリで読む