宇垣美里、自身のネット炎上を猛省 「若かったのかな…」

『おかべろ』でフリーに転身した宇垣美里がネットニュースの真相を暴露した…

エンタメ

2019/10/09 18:15

シェア ツイート 送る アプリで読む

宇垣美里

フリー転身後も、歯に衣着せぬキャラクターでなにかと世間を騒がせている元TBSアナウンサー・宇垣美里が、8日深夜放送『おかべろ』(フジテレビ系)に登場。

日々アップされている自身のネットニュースの真相を暴露。ナインティナイン・岡村隆史、平成ノブシコブシ・吉村崇を驚かせた。


 

◼「ナメられるのがイヤ」な性格

あざといキャラクターが強調されがちな宇垣だが、気の強い一面もある。「ナメられるのがイヤ」という思いから出る強気な言動が、ネット上を飾ることも多い。

番組では宇垣の「炎上したニュース」を紹介。その真相・本音を宇垣が明かしていく。


関連記事:宇垣アナの「ナメられたくない精神」からの破天荒エピソードに賛否

 

◼ネット炎上の真相

「ロケでディレクターに『テイク2はやりたくない』と反論した」と報じられた宇垣。これに対しては、「オンエアを見るといつも1回目を使っていた。その時は通行人を止めて撮影していたので(早く終わらせるため)」と、通行人を気遣っての発言だと告白。

これに岡村や吉村が「『ごめんなさいね』って通行人に謝罪して撮影する。わざわざ『やりたくない』って口に出す必要はない」とベテランタレントらしい対処術を伝えると、宇垣は「若かったのかな…」と反省をのぞかせる。

「共演者に『あざとい』と言われ大喧嘩した」というニュースでは、「番組内のプロレス」とあくまでもエンターテイメントと宇垣は主張。しかし、「声は荒げてないけど正論でやり込めてしまった。やりすぎた」と後悔を口にした。

次ページ
◼視聴者は高評価

あなたにオススメ

シェア ツイート 送る アプリで読む