インドネシア諸島共和国

インドネシアの主権国家は、2つの大陸に重なる約14,000の島々で構成されています。ジャワ島には、同国の人口2億6000万人のほぼ半数が住み、世界で最も人口の多い島となっています。ジャカルタとバリ島は、熱帯のビーチや古代のランドマークを持つ世界で最も人気のある休暇先の2つは、インドネシアを東南アジアやオセアニアを体験したい人のために訪れる必要があります。あなたが休暇中にギャンブルを愛する人であれば、あなたは運が悪くなります。インドネシアの人口はイスラム教徒の90%であり、そのようなギャンブルはシャリーア法の下で厳しく禁止されています。インドネシアは、何百ものネイティブグループが自分の言語を話し、明確な習慣を持つ最も民族的に多様な人口ではないにしても、1つを持っています。しかし、彼らは共通の国語と共通の歴史を持っているお互いに強い関係を築いています。一連の西側諸国によって植民地化された国は、外国の支配に反抗する緊密な絆を形成している。彼らは強い宗教的道徳を持っており、西洋人は歓迎されているが、彼らは妥協をしない。インドネシアでギャンブルに巻き込まれた場合、罰則は厳しいです。

アジアのオンラインカジノの成長はインドネシアを迂回しています

アジア市場の成長が見込まれますが、インドネシアはオンラインカジノに対してしっかりと立ち向かいます。彼らは、専門家が予測した800億ドルプラスの誘惑に抵抗することは非常に満足しています。彼らは単に彼らの銃に固執している、国は民主的ですが、厳密にイスラム教徒です。しかし、それは多くの人々を止めておらず、闇市場のギャンブルは繁栄していると報告されています。スポーツベッティングは、ヨーロッパのサッカーが大きく賭けられていることに最も人気があるようです。インターネットは違法なギャンブルを続けることを可能にしており、国の10%は宗教的な問題を抱えのない約2600万人を残す非イスラム教徒です。それは人々の大きな塊であり、たとえ少数の割合がオンラインでギャンブルをしても、それはまだ大きなお金です。当局はこれに大きく眉をひそめ、オンラインギャンブルと戦うために特定の法律を導入しました。通常の対策は、異種サイトがIPSによってブロックされている場合に行われます。違法なオンラインギャンブルブランドは、大きな成功を収め、地元でホストされていました。主な抑止力は厳しい罰則です。

ベストオンラインカジノ
1 .米国受入 $20,000
ボーナス
150+
ゲーム
150+
モバイル
N/a
支払い
今すぐプレイ レビューを読む
2 .米国受入 $9,000
ボーナス
150+
ゲーム
150+
モバイル
N/a
支払い
今すぐプレイ レビューを読む
3 .世界 €1,500
ボーナス
150+
ゲーム
50+
モバイル
96.91%
支払い
今すぐプレイ -
4 .米国受入 $800
ボーナス
150+
ゲーム
50+
モバイル
97.11%
支払い
今すぐプレイ レビューを読む
5 .英国受け入れ £100
ボーナス
280+
ゲーム
100+
モバイル
96.91%
支払い
今すぐプレイ レビューを読む
6 .米国受入 $2,500
ボーナス
150+
ゲーム
50+
モバイル
97.11%
支払い
今すぐプレイ レビューを読む
7 .米国受入 $5,000
ボーナス
235+
ゲーム
70+
モバイル
97.98%
支払い
今すぐプレイ レビューを読む

インドネシアのオンラインカジノの未来はありません

たとえ国がそれほどひどくイスラム教徒ではなかったとしても、カジノは多くのチャンスを持たないだろう。インドネシア人がオンラインギャンブルサイトにアクセスできるサイトのブロックにもかかわらず、カジノゲームはそれほど好きではありません。彼らがギャンブルをするならば、それは主にサッカーとバドミントンが最も人気のあるスポーツベッティングです。格闘技コンテストやアジアキックバレーボールも人気。オンラインギャンブルサイトへのアクセスを停止する政府の努力は、それほど成功していません。しかし、彼らは世界最大のイスラム教徒の国であり、シャリア法は活動に非常に明確であるため、広大な人口はとにかくギャンブルに興味がありません。だから、先に進んでインドネシアのオンラインカジノにサインアップしても大丈夫だという記事を読んだら、それらを信じていません。当局はそのような活動を親切に見ていない。はい、あなたもサインアップすることができ、あなたを受け入れる道徳がほとんどないオンラインカジノがたくさんあります。それらのいくつかは本当に非常に大きいです。しかし、これは非常に危険なインドネシアの法律は非常に明確であることを強調する必要があります。彼らは自宅のように簡単に行為であなたをキャッチすることができないかもしれませんが、彼らがそうするならば、あなたは起訴されます。

インドネシアはようやく安定している

インドネシアの国家は、永遠に見えるものに対して不安定さをはらんでいる。西洋の植民地主義の前に、国を構成する何百もの部族は、ほぼ一定の戦争状態にありました。最初のポルトガル人、次にオランダのフランス人、イギリス人などの到着は、共通の敵で異なる人々を団結しました。人々の闘争は20世紀に続き、日本の第二次世界大戦の占領で最高潮に達しました。その結果、推定400万人が死亡し、日本が降伏し、オランダ人が1949年に人々が立ち上がり、独立を得た支配権を再び主張しようとしたとき。新たに自由な国は、1960年の共産主義クーデター未遂事件とその後の粛清が多くの死者を出して以来、多くの裁判を受けてきた。次の30年間の軍事支配は経済成長を見たが、権威主義的支配は非常に不人気だった。2004年以来の民主党の選挙は、システムの改革について買っています。しかし、世俗的な争い、腐敗、テロはゆっくりと行くことを意味しています。国家の異なる民族は、彼らを縛る一つのことを持っており、それは宗教です。国は経済的に成長し続けており、腐敗が対処されているようです。国の最大の懸念は環境です。